レスポンシブサイトへのリニューアルのご提案

お客様のホームページを制作させていただきました時点から、時間の経過とともにネットをとりまく環境は激変してきました。特に昨年よりスマートフォンやタブレットからのホームページの閲覧が主体になり、ホームページがレスポンシブ設計されているサイトであるか否かは、検索結果へも影響を及ぼす重要なポイントになってまいりました。

「レスポンシブWebデザイン」とは、一つのサイトのデータを、パソコン・スマホ・タブレット等、閲覧しているデバイスの横幅に合わせて、見ているページが最適に表示されるようにするマルチデバイス対応手法です。

タブレットユーザやスマホユーザが増加していく中、どのデバイスからも読みやすく操作性のよいWebサイトを提供することは、企業にとってもユーザ満足度の向上になり、レスポンシブサイトへの移行は重要なポイントになってきています。
 
「レスポンシブWebデザイン」では、1つのHTMLファイルを、CSS3(Media Queries)で制御し、異なる画面サイズに応じてページのレイアウト・デザインを調整します。

レスポンシブ非対応のPCサイトをそのままスマートフォンに表示させると...

画像クリックで拡大します

レスポンシブ非対応のホームページをそのままスマートフォンに表示させると、画面の幅が合わなくて、横スクロールが発生したり、あるいはパソコンの画面のものがそのままスマホの小さい画面に表示されてしまい、それぞれのコンテンツが小さく、文字も読み辛くなってしまっています。 コンテンツは拡大しないと分かりずらく頻繁にスワイプ操作なども入り、利用者は閲覧しづらい状況を強いられることになります。

レスポンシブ設計されたPCサイトを他のデバイス(例・iPhone)で見た場合

画像クリックで拡大します

サイトをレスポンシブ化することで、パソコンで見ても、他のデバイスで見ても、常にユーザーの使っているデバイスへ画面が最適化されて表示されます。
サイト内を回遊するためのグローバルナビゲーションも、デバイスに合わせて画面内に見やすくすっきり表示され、閲覧者がサイト内で迷子になることもありません。
ホームページのデーターは一つで管理していますが、表示をさせる際のCSSをデバイスごとに吐き出すので、ユーザーは、常に自分が使っているデバイスに最適化されたデータで閲覧できます。

レスポンジブサイトへ移行するメリット

レスポンシブサイトであれば、1つのデータで様々なデバイスでの最適表示が可能です。
スマートフォンやタブレットごとに専用サイトを制作しなくて良いので、余計な費用を抑えられます。
現在販売されているスマートフォンやタブレット端末は技術の発展と共に表示サイズや大きさの変動が常に予想されます。
レスポンシブサイトはデバイスの横幅に合わせて表示するので、大幅な改変が無い限りどのデバイスでも最適表示されます。

マルチデバイス
対応!

 

PCとスマートフォンでコンテンツを一元的に管理できます。
PC用のHTML、スマホ用のHTML等の区別がなくなります。
HTMLを一元管理するので、更新のコスパもよくなり、更新のミスもなくなります。

Googleも
推奨!

 

Googleはレスポンシブサイトを高評価しています。
レスポンシブサイトであるかどうかということが、検索上位への表示という結果に影響を及ぼしてきます。

操作性が
UP!

 

レスポンシブサイトにすることで、デバイスに合わせて最適なレイアウト表示をされるため、画面の見やすさが向上します。
デバイスに合わせて表示速度もあがり、閲覧者の操作性もアップするためサイトからの離脱も少なくなります。

 

Google検索への影響

今後レスポンシブサイトはGoogleの検索にも影響します

Webサイトをスマートフォンの機能に最適化することを「モバイルフレンドリー」といい、Googleの評価基準の一つになっています。
Googleは、2016年5月12日にモバイルフレンドリーアップデートの強化が完了したことを公式に言及しました。
近年、インターネットの利用者の割合は、スマホがPCを上回ってきています。
そのため、スマホユーザーに使いやすいWebサイトにすることがGoogleで検索上位を実現させる上で益々重要になってきました。

ホムペ制作部門の制作事例

フルール ドゥ リュクス様
画像クリックで拡大表示します
焼肉GARDEN-MISAWA様
画像クリックで拡大表示します
縁結び様
画像クリックで拡大表示します

制作事例・他にもまだまだございます。
ぜひご参照くだだいませ。

Contact

ご提案書だけではわからないことも多いと思いますので、ご説明も兼ねてお伺いいたします。
どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。